広告 タブレット情報

【ALLDOCUBE iPlay 60 レビュー】Widevine L1対応で4096段階筆圧感知ペン対応の11インチタブレット

まるむし
まるむし

ようやく旧正月も落ち着いて、待ちに待った「ALLDOCUBE iPlay 60 」が手元に届きました。
さっそくレビューしていきたいと思います。

ALLDOCUBEのiPlay60は11 インチ FHD ディスプレイ、Netflixなども高画質で視聴できるWidevine L1搭載。AIトリプルリアカメラ。4096段階の筆圧感知レベルのスタイラスペンにも対応。という魅力いっぱいのタブレットです。

iPlay 60 という名前になっていますが、実際はNetflix高画質再生対応なので「NFE」が付いて「ALLDOCUBE iPlay 60 NFE」になります。

iPlay 60 の詳細スペックはこちら

開封の儀

UNBOXING

届いたケースは、iPlay 50 Mini Pro NFE と同じ白いALLDOCUBEらしい箱でした(笑)

iPlay 50 Mini Pro NFE との比較

ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro NFE と比較すると画面サイズの違いがよく分かります。

(左)iPlay50 Mini Pro (右)iPlay60
(左)iPlay50 Mini Pro (右)iPlay60
まるむし
まるむし

こうやって比べてみると今回のiPlay 60には「NFE」のシールが貼られていないですね・・・

同梱物

同梱物は下記の通り。
iPlay 50 Mini Pro NFE の時もそうでしたが、他のアダプタやケーブルも使えるので、純正のACアダプタとUSBケーブルは使うことはなさそうです。

同梱物

  • 製品本体(iPlay60)
  • ACアダプタ
  • USBケーブル
  • SIMスロットピン
  • 取扱説明書

外観

解像度1200×2000の11インチIPSインセルディスプレイ搭載で画面がとにかく綺麗。Widevine L1対応で高解像度の映像が楽しめるという点もかなりおススメポイントです。

厚さは 7.95 mm で重量が 520g と持ちやすく、前作が 8.2mm だっただけにかなり薄く感じます。また、表面は金属製になっており、持った時の質感も良い感じ。

電源・音量ボタンとスピーカー2か所
USB Type-C コネクタとスピーカー2か所
まるむし
まるむし

iPlay 50 Mini Pro NFE のシングルスピーカーを経験しているだけにクアッドスピーカーは感動ですね。

前作のiPlay 50 はステレオスピーカーでしたが、今回のiPlay 60 からクアッドスピーカーが採用されており、映画やゲームなどを臨場感のあるサウンドで楽しむことができます。

カメラ

前作のiPlay 50 のカメラが残念だっただけに今回の iPlay 60 のカメラは大きく進化しました。
1600万画素(16MP)のリアメインレンズ搭載カメラで鮮明な映像を撮ることができます。

フロントカメラは500万画素(5MP)とビデオ会議や映像によるコミュニケーションを高画質で実現できます。

トリプルリアカメラ

リアカメラはトリプルカメラとなっており、1600万画素 + 200万画素(広角レンズ)+ 200万画素(マクロレンズ)が搭載されています。昨今のスマートフォンのカメラは本当に進化しているので、それらと比べてはいけませんが、このクラスのタブレットとしてはカメラ性能は高いです。

フロントカメラは横位置についています

おまけ

まるむし
まるむし

技適マークも付いていますね。

セットアップ

セットアップはとてもスムーズでした。日本語にも対応しており、特に困ることなくセットアップ完了します。セットアップ中に何度かタップ音が鳴るのですが、それもとても心地いい音で良い感じです。

初期設定が完了すると見覚えのあるHOME画面が出てきます。

ここで是非おススメしたい設定があります。
YouTubeアプリを開くと分かるのですが、このデバイスでYouTubeを開くとタイムライン表示が縦持ちでしか使えず、いわゆるモバイル表示になっています。こちらは 「設定」 ⇒ 「ディスプレイ」 ⇒ 「表示サイズとテキスト」で、『フォントサイズ』と『表示サイズ』を小さくするか、「開発向けオプション」の「最小幅」設定を変更するなどすることで、YouTubeの画面がとても見やすくなります。

初期設定だとモバイル表示で見づらい
設定を変えると2列表示で見やすい
まるむし
まるむし

フォントサイズや表示サイズの変更については下記記事でまとめていますので是非ご覧ください。

合わせて読みたい

ベンチマークテスト

AnTuTuベンチマークV10で測ってみると、261,641でした。

3Dゲームなどには不向きですが、軽いゲームでは問題なさそうです。

詳細スペック

UNISOC T606

UNISOC T606 8コア 1.6GHz を搭載。メモリは12GB(4GB + 仮想8GB)、ストレージは128GBとエントリーモデルの中でも高いスペックを持っています。OSはAndroid13、直感的な操作が出来る、とても使いやすいタブレットです。

ポイント

ALLDOCUBE iPlay 60 は、1.6 GHz で動作する 2 つの Cortex A75 コアと、同じく 1.6 GHz で動作する 6 つの Cortex A55 コアで構成される、堅牢な T606 オクタコア プロセッサを搭載しています。12nm プロセス テクノロジを採用したこの CPU は、高性能とエネルギー効率が向上するように最適化されています。このプロセッサを補完するのが Arm Mali G57 GPU で、優れたグラフィックス パフォーマンスを提供します。これらのコンポーネントを組み合わせることで、シームレスなマルチタスク、迅速なアプリの起動、効率的な電源管理が実現され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。

ALLDOCUBE iPlay60 (4G NFE)
ディスプレイ10.95インチ 2000×1200 IPS
CPUUNISOC T606 8コア 1.6 GHz
メモリ物理RAM 4GB 仮想RAM +8GB : 最大12GB
ストレージ容量128GB
OSAndroid 13
カメラフロント: 5MP
バック : 16MP+2MP(広角)+2MP(マクロ)
ネットワークIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth V5.02G GSM:B2/3/5/8
3G WCDMA:B1/2/4/5/8
4G FDD:B1/2/3/5/7/8/20/28AB TDD: B38/39/40/41
インターフェースUSB Type-C
microSD(最大1TB)
nano SIMx2
バッテリー/急速充電7000mAh / 18W
重量520g
サイズ163.7 x 259.1 x 7.95 mm
その他スタイラスペン対応 : 4096段階レベル
GPS/Beidou/Galileo/Glonass
Widevine L1対応 :Netflix/Disney+/AmazonPrime/hulu
iPlay 60 の詳細スペックはこちら

まとめ

価格的にはエントリーモデルですが、ディスプレイの良さやカメラの良さを見ていると、「お値段以上」の印象です。普段使いとしては映像も綺麗ですし、簡単なゲームであれば問題なく出来ます。

まるむし
まるむし

今回はスタイラスペンの紹介が出来ませんでしたが、この「 iPlay 60 」は4096 レベルの筆圧感知も見どころです。非常に応答性が高く正確な書き込みが保証されており、メモ取りやクリエイティブな作業を簡単にするので、この部分も見逃せませんね。

関連商品

ALLDOCUBE
¥5,999 (2024/05/17 13:18時点 | Amazon調べ)
ALLDOCUBE
¥3,999 (2024/05/13 06:26時点 | Amazon調べ)

-タブレット情報
-, , , ,